ONETEST-502 XPS空気負酸素イオンセンサ実力メーカー

ONETEST-502 XPSシリーズ大気負(酸素)イオンモニタリングモジュールは高度集積、一体化専門型空気負イオンモニタリングモジュールであり、測定過程が安定し、測定精度が高いという利点を備えている。
お問い合わせ
説明
製品の概要
      ONETEST-502 XPSシリーズ大気負(酸素)イオンモニタリングモジュールは高度集積、一体化専門型空気負イオンモニタリングモジュールであり、測定過程が安定し、測定精度が高いという利点を備え、同時に除湿モジュールを内蔵し、高湿度或いは極端な環境下で正常に運行できる。

モニタリングデータをGPRSなどの方式を通じて万儀科学技術物ネットワーククラウドプラットフォームに伝送し、クラウドプラットフォームはデータ分析、データダウンロードなどの機能を行うことができ、データをアウトドアディスプレイに配布し、RS 232の出力を備え、データプロトコルを開放して自分で接続することができる。

ONETEST-502 XPSシリーズ大気負(酸素)イオンモニタリングモジュールは、観光地および生態園区内(人工湿地、生態観光地、植物園など)の負イオン濃度データを24時間365日自動オンラインで監視するマイクロモニタリングモジュールである。

このモジュールは、大気環境モニタリングシステムが観光地の街灯や電柱などに統合されたり、設置されたりするシーンに使用することができる。


ONETEST-502 XPS空気負酸素イオンセンサ実力メーカー

製品の特徴
ONETEST-502 XPSシリーズ大気負(酸素)イオンモニタリングモジュールは「同軸二重円筒式」測定原理を採用し、高い一致性、高精度、高安定性などの機能特徴を持っている。

技術指標
測定の種類 プラスイオン
そくていげんり どうじくドラムようりょうしき
そくていはんい 0~200万個/cm³
解像度 1個/cm³
いどうど 比較的小さい粒径のイオン0.4 cm²/V.秒(カスタマイズ可能)
ゼロちょうせい 手動および自動ゼロ復帰モード
サンプリング時間 10回/秒
作業環境 -20-60℃5-95%RH(結露なし)
データ出力 RS232
じゅうりょう 2.5 kg(取付ブラケットを除く)
サイズ 長さ19.6*幅16.6*厚さ6.8(CM)
電源 AC220V@DC12V
クラウドプラットフォーム ion.wy1718.com(オプション)
評論


1/3
X