EMS-302遠赤外放射率測定器万計独占代理店

遠赤外放射率試験器-紡績保健品赤外性能と評価用EMS 302 Mは、遠赤外線機能を有する物体に対して、物体材料を測定する放射率機能測定器である。
お問い合わせ
説明
製品の概要
       遠赤外放射率試験器-紡績保健品赤外性能と評価用EMS 302 Mは、遠赤外線機能を有する物体に対して、物体材料を測定する放射率機能測定器である。近年、遠赤外線科学技術の進歩により、遠赤外線材料は高い放射率特性を有することが分かった。遠赤外線特性を有する材料は、人体に近接、着用または装着する際に血液循環を促進し、保温機能を達成することができる。冬の寒い環境では、遠赤外線機能の服装、布団、膝保護などの関連製品が市場に大量の需要を受けている。しかし、市場には遠赤外線放射率の検出装置があり、高温条件下で測定される放射率が多い。しかし、実際には、人体の表体温度34°Cが環境温度に近すぎると、検出が容易ではなく、誤差が大きいため、多くのデータは単純な測定で実際の状況に合わない80°C以上の条件で検出される。その結果、測定した赤外線の放射率は高いかもしれないが、人体の温度に近づかないという事実が明らかになった。

当社は赤外線機能及び赤外線黒体温度補正設備の研究開発と製造に長年の経験があり、中山科学研究院の技術移転開発に成功した。近年,34°Cの低温条件を達成した赤外線放射率測定装置が開発され,物体の赤外線放射率を正確に測定できるようになった。34°Cで人体の表体温度に合致する条件下で検出された遠赤外線放射率こそ、客観的に公正で信頼できるデータである。今後、中国人が市場で遠赤外線材料を購入する際、34°Cでの高放射率機能を正確に選択した材料を提供し、正常な赤外線放射率効果のある製品を製造することができる。


EMS-302遠赤外放射率測定器万計独占代理店

製品優勢:
       本測定器は特に人体の体温に近い各種物体材料体の放射率測定を強調する。操作は簡単で、電源を入れてからサンプルを試験台の面に置いて、温度が安定する時間が到着するのを待ってから測定ボタンを押して、結果は答えが数桁の液晶で表示されます。

グラフィック表示デジタル版EMS 302 Mはコンピュータープログラムを通して、コンピュータのスクリーンに赤外線放射率の数値の変化と安定度を表示することができ、測定されたサンプルをより容易に**し、その放射率の変化を明確に理解することができ、一致性の自動化論理判断は放射率の誤判を避けることができる。

製品の特徴
竹炭/備長炭の遠赤外線放射率の放射率測定。
各種紡績繊維材料の加工/処理前後の放射率比較。
各種濾材開発製造品の放射率測定。
放射温度計の測定物体の放射率補正。
グラフェン類製品の研究開発測定。
その他遠赤外線製品開発に必要な設備。
遠赤外放射率試験器-紡績保健品赤外性能と評価用EMS 302 M

技術指標
モデル: EMS302
メーカー 台湾HOTECH
波長測定範囲 5~14um
電源投入時間 15分
ほうしゃりつそくていはんい 0.01~1.00
けんしゅつじかん 3秒(反応時間500 ms.)
ほうしゃりつせいど ±0.01
けんしゅつきおんど 34℃
温度制御精度 ±0.015℃
かんきょうおんど 20±0.5℃空調環境
そくていテーブル Φ60mm
サイズ 210(W)×237(D)×350 mm(H)(フットマット、取っ手及び箱ボタンを含む)
電源 AC 100 ~ 240 VAC
じゅうりょう 約9.8 kgs
評論


1/3
X